Wonder Lab. vs 女子中学生

従妹は女子中学生。歳も住まいも離れているだけあって、これまでに会う機会は数えるほどしかなく、助手と会うのはこれが初めてだった。

従妹「えっと…なんて呼べばいいですか?」

所長「是非、おにぃたまと呼んでくれたまえ!」

私が即答すると、すかさず助手から強力なツッコミが飛んできて、壁に激しく身体を打ちつけた。

この衝撃力をもってして破れないとは、この焼肉屋の壁はなかなかの素材とお見受けする。

従妹「…おにぃたまって、意外とロリコンなんですね」

やったぜ!
JCから言葉による追撃が来るが、おにぃたまはその程度では怯まない。

所長
意外と…ではない!
全開でロリコンだぜっ!!!

(隣に助手が居なかったら完全にあかん展開ッ!!助手ちゃんマジ天使!!)

従妹「えっと…所長…?って…アニメとか見るの?」

 
男は黙って、けものフレンズ!!
なっ、助手!
 
♪わたしわぁーーーーーーじょーーーーしゅううううううううう(音痴

従妹「え、でもアレってガチ子供向けアニメですよね??」

 
いやいや、アレは哲学だね。
一見子供向けと見せかけて深いテーマを忍ばせてあるのさ

(↑実は4話までしか見てない人)

従妹「えぇ…」

従妹「でも私も暗殺教室好きなんですけど、カル渚か渚カルかでいつも友達と揉めるから人のこと言えないかも…」

 
おぉっと…こいつは…!
 
……
 
聞いたか、助手!
こいつは能力者だぞ!
しかもお前と同じタイプのスタンドだ!
 
んあ?

(↑肉を食べるのに夢中で聞いてなかった人)

 
助手はおそ松さんでいうところの速度松にぞっこんなのだ!…な?
 
いや別に。私、同人誌の絵が好みなら何でもイケるから
 
あっそう。
そして私自身も入院中に助手から中村春菊先生のドラマCDを聞かされる程度の耐性はあるのだ
 
アレは所長がハードなやつを聞いてみたいって言うから…

従妹「え…!私、腐男子て生で初めてみた!!」

 
ふ、ふだ…!?ま、まぁいい(震え声)。
まずは我々の共通項は見つかったようだな
 
いや主に所長がロリコン全開の腐男子って判明しただけじゃね?

従妹「うん、そうですね」

 
(華麗にスルー)
チーム名は、ブラックレガシー(Black legacy)。
略してBLだ!!

従妹「かっこいい!!LINEのグループ名、それで登録しときますね」

 
いやいや、本当にそれでいいの…!?
 
まぁ…所長の親戚というだけのことはある、ということさ

(※ここまで、叔父・叔母一切発言ナシ)

叔父「娘に恋愛の秘訣を教えてあげてよ」

従妹「べっ、別にいいし!」

 
あー、これは気になる男子がいるパターンだね(小声
 
でも俺らそこまで恋愛経験値高くないぞ!やっべーぞ(小声

従妹「ちなみに所長は助手のどこが好きで結婚したの?」

 
どこが好きなのかな?かな?
 
何でも気兼ねなく話せるところかな。アニメだのBLだのロリコンだの、見栄を張らずに、自然に接しられるところってのが1番
 
ほう

従妹「へぇ…」

 
仮に気になる男子がいたとして、その彼がBLを毛嫌いするような奴だったら嫌な感じじゃん?どうせならどっちが受けでどっちが攻めか、みたいな話をそいつともしたいじゃん!?できたら最高じゃん?

従妹「まぁ…たしかに?」

 
いや!?どうだろう!?
 
所長としてはそこがキモだと思うんだが…あぁ、そうだ。これをやろう

従妹「えっ、これなんですか!?」

 
女子力アップのお守りさ
 
……

従妹「素直にすげぇ…ふたりは何者…!?」

 
ただの所長と…
 
その助手

◇(後日談)

 
むきー!他の女に指輪を渡すなんて!!
 
まーそういうなって
 
このロリコンめw
 
幼なじみも立派な萌え要素だろうに
 
でも、どうせ所長のことだから何か意味があるんでしょ?
 
お…今日は冴えてるねぇ
 
一見無意味に見える行動も、何かのふせんになるのが所長だもの
 
伏線な。我々もそろそろオニイサンオネエサンと呼ばれるのも苦しくなってくる歳だろ?来春からJKになる子がどんなアクセサリーを理想とするのか、お勉強ですよ
 
ふーん、お勉強ねぇ…

◇LINE

所長
というわけで、おにぃたまが何でも好きなアクセサリーを作ってあげよう

従妹「えっとね…」

従妹「こんなのが欲しいです!!」

 
うーん、メタル系か…樹脂で作るとなるとちょっとハードルが…
 
いやいや、何でも作ってあげるんでしょww
 
第二希望!!第二希望も聞いておこう

従妹「じゃあ…」

従妹「こんなのとか、お願いします」

エルフのおまもりにスライムピアス…
版権モノとはなかなか意外なところを突いてくる。
確かにこれはナウでヤングなオジサンオバサンには思いつきもしないっちゃ。

よっし、やってやろうじゃあないか。
おにぃたま、おねぇたま、頑張ります!

私がハンドメイド男子になった理由

社会人として初めての舞台は北海道だった。

しばらくは学生気分が抜けず、会社や先輩方に多大なるご迷惑をおかけした。
仕事で結果を出せるわけもなく、毎日のように失敗しては怒られていた。

先輩達は何かしらの分野に長けていて、その能力を遺憾なく仕事で発揮していた。私は彼らのことを超人だと思っていた。

その会社は正社員での雇用にも関わらず、入社3年目を終える際に卒業か残留かを選択できた。

先輩方は皆、卒業の道を選んでいった。
時折新人も入ってきたが、大半が3ヶ月以内で辞めていった。先輩が1人卒業する度、仕事は苛烈さを増した。

私が入社3年目になると、先輩たちは誰もいなくなっていた。

それまで先輩方が請け負っていた分の仕事量をこなすのは到底不可能に思えたが、それでもやるしかなかった。

それらをひとつやり遂げる度、私は成長した。
絶対無理だと思っていた仕事も、向き合ってみると意外となんとかなった。
そうして自信をつけていき、さらに高いハードルに挑んでいった。

気がつけば、全く仕事ができなかったハズの私は周りから「超人」と呼ばれるようになっていた。

試用期間を突破した後輩達も現れた。
こんな大きな機械なんて操作できませんよ、と言う彼にそのノウハウを伝授した。

初対面の人と話すのが難しい、と言っていた彼女に営業のいろはを叩き込んだ。
後輩達も短期間のうちに大きく成長し、私はやり甲斐を感じていた。

そして、遂に3年目が終わった。
私もまた、先輩方と同じように卒業の道を選んだ。
去り際に後輩の彼は言った。

「あなたがいなくなったら、ボクはどうしたらいいのかわかりません。あなたナシで仕事を回すなんて不可能です」

それは、かつて私が先輩方に放ったセリフそのものだった。
だから、私は答えた。

「かつて自分は君と同じ境遇にいた。先輩たちの替わりなんてとても務められないと思っていたが、結局のところ、やらざるを得なかった。そしてその中で成長したからこそ、今の自分があると思っている。だから、君にもできるはずだ。これからは君の時代だ。この会社を頼んだよ!」

少し不安そうな顔をしていたが彼は、わかりました!と力強く答えた。

去り際に後輩の彼女は言った。
彼女はある都合により、私とともに職場を去る身だった。

「ここではちょっとうまくいきませんでしたが、次のところでは頑張ります!凹んでても仕方ないんで、切り替えていきますよ!」

彼女はいつも前向きだった。ただほんの少し、上司と相性が悪かった。彼女が辞めてしまうことになってしまったのは、それだけのことだった。
だから私は、彼女なら新天地でうまくやれるだろうと確信していた。

「強く生きろよ!何があっても絶対に負けるんじゃないぞ!ファイトだ!」

そう言うと彼女は笑いながら、大丈夫ですよ、ありがとうございますと言った。

初めての職場を卒業した。
もはや、やり残したことはなかった。
胸を張って故郷に帰った。

助手との交際もスタートした。
久しぶりに得た自由を前にどうしたら良いのかわからず、1日20キロ以上無駄に散歩をしたりした。
助手を連れ出したこともあったが、途中で動けなくなった助手を抱えて帰る羽目になった。ヘロヘロになった助手に悪態をつきながらも、なんだか幸せだった。久しぶりに笑った気がした。

そうして1ヶ月が経った。
後輩の彼が、自宅で首を吊った。

自殺だった。
遺書は残されていなかった。

後輩たちーー彼と彼女は当時、付き合っていた。
故に、おそらく彼女は理由を知っていた。

しかし、それを知ることは誰にも叶わなかった。
頑張ると言っていたハズのその新天地で、彼女もまた首を吊って亡くなっていた。

同じく自殺。
こちらも遺書は無し。

彼が亡くなってから2週間後の出来事だった。

真相は闇へと葬られた。
会社を託された重圧に耐えられなかったのか、それとも他に理由があったのか。
後を追った彼女は何を考えたのか。

いくら考えても、答えは出なかった。
わからないまま、私は2つの十字架を背負うことになった。
重かった。どうしたらいいのかわからなかった。

2人がこの世を去った1ヶ月後。
今度は私の身体に癌が見つかった。

絶望した。

検査結果が出るまでの数日間は眠れなかった。
死の恐怖に畏れ慄いた。

しかし幸いにも、手術をすれば命に別状はなかった。
北海道で培った無尽蔵の体力が代償となったが、ひとまずは生き長らえた。

当時は体力さえあれば何でもできると思っていた。
それを失ってしまったら、何もできなくなるんじゃないかと思っていた。
怖かった。

助手はそんな私の側にいた。
パティシエの世界は職人の世界。
複雑な人間関係が絡み合う世界の中で、助手は荒波に飲まれて打ちひしがれていた。
助手は疲れていた。
私が近所に買物へ連れ出しただけで座り込んで泣き出してしまうほど弱っていた。

それでも私が入院中は毎日病院に見舞いに来てくれた。
面会時間ギリギリまで付き添ってくれた。

調子に乗って散歩に出かけたものの、売店で動けなくなってしまった私を、抱えて病室に戻してくれた。
悪態をつかれながらも、なんだか幸せだった。
助手の背中が大きく見えた。

無事に退院したが、しばらくはベッドから動けなかった。
少し動くだけで疲れて眠ってしまった。

助手は退屈しないようにいろいろなものを持ち込んで、毎日看病しに来てくれた。
助手の好きなものを好きになりたくて、リハビリの間に白猫プロジェクトをやったり、ボーイズラブの漫画やドラマCDを借りて読んだりして過ごした。

ある日、助手が妙なものを持って現れた。
どうやら紫外線を放つ装置のようだった。

何に使うのかと思ったら、レジンとかいうものを固めるものらしい。
よくわからないまま助手の実演をベッドから眺めていた。

全く興味がわかなかった。
型に入れて固めたものが型の通りになる、というのは至極当然のことのように思えた。
何が面白いのか、さっぱりわからなかった。

助手は用具一式を部屋に置いていった。
私は見向きもしなかったが、翌日、助手はまた新たなレジン用具を持って現れた。

助手はだいぶハマっているらしく、楽しそうだったので、あまり乗り気ではなかったが、少し付き合ってみることにした。

部屋のレジン用品は日に日に増えていったが、結局その時私は最後までレジンクラフトにハマることはなかった。

人並みに体力がついてきた頃、私は再就職を決めた。働き始めて忙しくなると、レジン用品はホコリをかぶっていった。

正社員というカードを手にした私は、助手にプロポーズすることを決意した。
ホテルやらディナーやら舞台のセッティングを整えた。アクシデントが起きたのは決行日の1ヶ月前だった。

医師曰く、私の身体に癌らしきものが見えるのだという。
もはや何の感情も湧かなかった。
その日は雨だった。
ただただ、虚しかった。
それでもプロポーズは決行した。
助手と婚約した。

検査のために病院へ通う日々が続いた。
待ち時間はヒマだった。

ふと、レジンのことを思い出した。

初心者向けのチュートリアルをスマホで調べてみた。

「修造レジン…?」

とあるブログの記事に行き着き、衝撃を受けた。
それは型破りとしか言いようがなかった。
ハンドメイドはこんな自由でいいのか、と感銘を受けた。
興味がわいた私は、部屋に残されたままだったレジンに手をつけた…
(Twitterへ続く)

二度目の手術。
今度の代償は日常だった。

目を覚ますと、世界が少し変わったように感じた。
初めは違和感でしかなかったが、徐々に体調が悪くなった。
終いには吐き気で動けなくなった。

男性ホルモンが体内で供給できなくなったことによる、更年期障害だった。
常に体調が悪かった。

定期的に薬剤を注射しなければ、ベッドから起き上がることすらできなかった。
注射さえ打てばそれなりに動けた。

高度医療機関で10日に1度の投薬治療。
これがこの先、一生続くようだった。

もはや医療に生かされているといって過言ではなかった。
それでも生きようと思った。

退院した。
体力は再びゼロに戻された。

三半規管がイかれてしまっていつも吐きそうだった。
仕事は休職した。
時間はたくさんあったが、身体は動かなかった。

乗り物による移動は60分が限界だった。
石川県から出られなくなった。

やむなく公共の交通機関を利用する際は優先席を使わざるを得なかった。
見た目が若いのが災いしたのか、たびたび後ろ指を差された。

人混みに行くと目が回って動けなくなった。
常にどこかが体調不良だった。
最悪だった。

これが試練だというなら、私は立ち向かいたかった。
逝ってしまった後輩たちが羨ましくなるほど、楽しい人生を送ってやろうと思った。

今度会ったら説教してやろうと思った。
だからどんなに絶望しても、自ら死を選ぶことはないんだとを証明したかった。

だが、できることは少なかった。

ハンドメイドはそんな私でもできる、数少ないうちのひとつだった。
だから、それで証明することにした。

熱意を持ってレジンに取り組んだ。

最初はあまり思い通りにならなかった。
助手と協力するとそれなりのものができた。

Twitterでハンドメイドの輪が広がった。

身体は相変わらず不自由だったが、全国のいろんな人と繋がれて楽しかった。
みんなと知識を共有することで、見識も広がった。

助手と結婚した。
気づけば、ハンドメイドが好きになっていた。

証明は続く。
ずっとこれから先も。
助手とともに。

こうして私は、ハンドメイド男子になった。

所長フォント

お久しぶりです。
今日もなんとか生きてます、所長です。

実は、かなり以前から自分の手書き文字をフォントとして残せないかと考えておりまして。
やり方がいまいちわからず放置していたのですが、持てるスキルをフル活用することで道が拓けそうだったので、そのまま勢いをつけて押し切ってみました。

サンプル
%e5%85%ac%e9%96%8b

ダウンロードはこちらからどうぞ。(ttfファイル)

【作り方メモ】
・http://www.paintfont.com/
・Create and download templates.を選択
・Japaneseを選択
・Enter additional charactersに任意の文字を入れる
(今回はTwimeMachineで抽出した自分の過去ツイートを全てぶちこみました)
・Output formatはPDF
・Create Templatesを押してダウンロード
・ダウンロードしたpdfをPhotoshopで読み込む
*1・新規レイヤー追加
*2・白で塗りつぶす
*3・白レイヤーを一番後ろのレイヤーにする
*4・名前を付けて保存(png)
*5・画像を閉じる
・上記*1-*5を枚数分繰り返す(photoshopのアクション機能での反復推奨)
・出力されたpngファイルをSAIで読み込む
・ペンタブを使って全文字をひたすら書く
・とにかく書く
・辛抱強く書き続ける
・準備が整ったら再びhttp://www.paintfont.com/へ
・Upload your completed templates.を選択

(初回)
・Add another upload field.を押して選択枠を5個まで拡張
・書き上げたpngファイルを順に選択(最大5個)
・名前とフォーマットを決めてstart upload
・プレビューが表示されるので、間違いなければそのままダウンロード

(2回目以降)
・Add another upload field.を押して選択枠を5個まで拡張
・書き上げたpngファイルを順に選択(最大5個)
・Show advanced optionsを選択
・Basis font fileで現時点での最新作フォントファイルを選択
・名前とフォーマットを決めてstart upload
※ベースとなるフォントファイルにアップロードした分が追加される
・プレビューが表示されるので、間違いなければそのままダウンロード
・全てアップロードしたら、完成!

…と、簡単に書いただけでこのボリューム。
ええ、ええ。お察しの通り。
できれば二度とやりたくない作業です(笑)

どなたか挑戦したい方がいらっしゃれば参考までにどうぞ。
それでは。

所長

祖母の山野草プロジェクト

ある日、体調を崩した祖母は言った。

「私が死んだら、山野草は全て捨てて頂戴。こんな趣味、莫迦(ばか)げて見えるでしょう?でも辞められないの!私、莫迦だから!ここまでくると、最早病気!私は重症よ!」

これは、ある種祖母の口癖ともいえるもので、しかし祖母がそんなことを言う度に周りもせいぜい、そんなことはない、と言うのが精一杯で。

「それだけ熱くなれるものがあるってのは素敵なことだと思う」

私もそんな軽い言葉しか言えないでいた。

だが、私は思うのだ。

祖母がそれを大切に思っているのは言うまでもなく、ただ、これまで誰にも評価されずにいて、拗れてしまっているだけなのではないか、と。

だからこそ、私は…いや、、、

オレは、証明したいんだ。ばーちゃんがこれまで積み上げてきたものの価値を。

力仕事はできないけれども、

定期的な注射なしでは歩くことすらままならないけれども、

それくらいのことだったらできるさ。

やってやろうじゃあないか。

祖母に、人生の幾らかを費やしてきたモノを「莫迦」と言わせないために。

再手術までの経緯

できれば「精巣ガン」というタグではもう二度と記事を書きたくないなぁ、と思っていたのですが、どうやらそうもいかないようなので、ここに記しておきます。
症例はなかなか少ないようですので、情報を残しておくことで、誰かの何かの助けとなれば幸いです。

「今回はかなり初期の段階で見つかってますので、転移することは…まぁ、まず無いでしょう」

早いもので、主治医(※当時)からそんな話をされてから2年が経とうとしていた。
当時、助手へプロポーズを予定していた私は、主治医の勧めで精液検査に臨んでいた。
なんでも、精巣ガンと無精子症は関係がある場合があるとかで、「念のため」という名目で、である。

…その、検査とはご想像の通り。
内側からカギが掛けられる別室に案内され、DVDデッキと(検閲により、削除)及び(検閲により、削除)を渡されて、必死に笑うまいと努力しているのがなんとなく窺えてしまう看護師から一通り説明を受けたのち、あとはご自由に、といった感じである。

とりあえず助手っちを連れて入室し、一通りそれらの雑誌(ちなみに放課後教師やらギャルやら書いてあった気がする)を興味深く調べた上で、助手には退室してもらい、検体を入手し、そのまま提出した。

結果は「ほぼゼロ」

重度乏精子症。
ゼロではないが、精子が極めて少ない状態を指す。
重度乏精子症の中でも極めて重いグレードに分類されるということで、具体的な数値を言うと、正常値が数千万匹だとすると、私は7匹、とかそんな感じである。
何しろ、通常は精子濃度が%表示されるところを私の場合は匹数で表示され、SMI値(精子運動性指数)に至っては低過ぎて測定不能ときた。

あ、ちなみにSMI値を調べているときに、yahoo知恵袋なんかで「旦那のSMI値が○○なんですけど…」みたいな悩みをよく見かけましたが、この通り、世の中にはその数値が限りなく0に近い人もいるのよ、ということをどうか覚えておいてほしいです。まぁ、だからなんだってハナシですけれども。

その病院は、不妊に関する設備が整っていないため、紹介状をもらって別の大きな病院で診てもらうことになった。
そこでこれまた『念のため』エコー検査を受けることになったのだが…

「私、長いこと泌尿器科医やってきましたけど、こんなキンタマ初めて見ました…」

後に主治医となるドクターは私に向けて第一声、そう放った。

「いやぁ…照れますね。。。」

と、咄嗟に切り返すも、この時の私の表情は不信感をたっぷりと含んでいただろう。
というか、このブログの検索流入ワードがキンタマで埋まってしまうので、あまりキンタマキンタマ言わないでもらいたい。

「それで、ここなんですけどね。エコーだとよくわからないのですが、ガンのようなものが見えますね…」

Oh….

そんなこんなで、念のために調べた精液検査で判明した乏精子症を治療相談するために、念のため受けたエコー検査でガンらしきモノが見つかる事態に。
ヒトではどーにもならんということで、判定は機械に委ねられたのだが…

CT「異常なし」

MRI「ガンの転移であっても矛盾しません」

私のタマが小さすぎて(先天性睾丸萎縮症)機械ですらそれがガンであると断定できず。
そこから私の処遇をめぐって、総合病院で何度も全体会議にかけられ、名のある先生方が否応なしに私の名前を覚えるほどの時間を経て、ようやく出た結論は…「手術」。

この間、3ヶ月。
かくして私の名は「例のキンタマの患者」として近隣の医学界に名を轟かす存在となったのであった…

――「所長手記」2016年2月より

入籍しました

ご報告

2016年7月7日。
世間は七夕で盛り上がり、地元のニュースでは石川県産高級ぶどう「ルビーロマン」の初競りで110万円の値がついただのと大騒ぎ。

しかし、Wonder Laboratoryにとってその日のスペシャルは、また別のところにあったわけで、それはすなわち――

1111

ホテルディナー、プレゼント

勤め先の社長から結婚祝いとしていただいたのは、なんとホテル30階にある高級レストランのディナー。

しかし私は生っ粋の高所恐怖症。
以前、どこかのタワーのエレベーターで、パニックのあまり助手にしがみつき、勢い余ってそのままスカートをズリ下げる事件を起こした身としては、入籍当日にそれを再現するのだけは避けたいところ。そこで――

所長
実は、高いところはあまり…
その、得意ではないのですが…

と、正直に打ち明けてみると。

社長
もう支払いは済ませておいたから
カネの心配はしなくていいぞ

とのご返答。
さすが社長!俺たちにできないことを平然とやってのけるッ!!
そこにシビれる、あこがれるゥ!!

…嗚呼、日本語って難しい。

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81
※所長:高いところ=位置エネルギーが大きいところ
※社長:高いところ=値段が高いところ

いざ、現地へ

地下駐車場に車を停め、エレベーターで30Fへ。

なんてこった!!
このエレベーターッ!!
外が見えるタイプじゃないか…!
助手
やったね!!
あ、ほら、外すごい綺麗!!
…なんで背中向けてるの?

さhじゃlj……!!(言葉にできない)


※ さりげなくスカートを押さえる助手なのでした。

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

開宴~バトルスタート~

個室(!)に通されるのと同時に、シャッターが開き、、、目の前に高度数十メートルの景色が現れた!
なるほど、凝った演出だ!!
アレなら別にシャッター閉まったままでも良かったのよぉん(カマボ)

よし!窓に背を向けられる席は…

img_5161

Oh……..my…….GOD……

※ ふたりとも、同じ景色でした。

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

乾杯ドリンク

店員
お客様、アルコールは飲まれますでしょうか?
ど、どうする…?
うーん、どうしようかな…
店員
こちらが乾杯のドリンクメニューでございます

【アルコールメニュー】
・ドン ぺリニヨン 60,000 yen
・●●●● ●●● 50,000 yen
・◇◇ ◇◇◇◇◇ 50,000 yen
……

お酒はあまり得意でないので結構です
お酒はあまり得意でないので結構です
かしこまりました

◇ 結局グァバジュースを頼みました(800 yen)

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

乾杯

今のボクには君のことしか見えないさ…
wwwww
今のボクには君のことしか見えないさ…
急にどうしたww
いや、だって(twitterの)フォロワーさんがこうすると高いところ怖くないって…
往生際の悪いwww

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

一品目

img_5164

店員
本日、ニュースはご覧になりましたでしょうか?
???
???
こちらは本日初競りにかけられたルビーロマンにフォアグラを合わせたもので…(略
!?
!?
も、もしや初競りで1房110万円の値がついたとかいうアレか…!?ルビーロマンっていえば1房30粒…1房100万円とすると、1粒あたり約33000円。この皿の上のものを仮に1/4スライスとすると…約8300yen…!?冗談だろ!?
タッパー持ってくればよかった…

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

続、一品目

img_5165

つーか、これ、どーやって食べたらいいんだ…
このスプーンの上に乗ってるやつを先に食べて、スプーン使って他の料理食べるんじゃない?
いや、これは食器扱いなんじゃないか?その辺に割り箸とか置いてない?
さすがに無いでしょw
今のご時世、かの高級イタリアンのサイ■リアにだって置いてありますよ!?
店員さんに聞いてみますかい??
ごめんなさいでしたー!!

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

vs 鮎

img_5170

つまりこれをナイフとフォークで召し上がればいいわけだな?(敬語失敗)
た、たぶん…?
動揺するこたぁない。セレブになりきって食べればいいのさ
な、なるほど…
このナイフで右下のソースをちょっと掬ってそのままペロリ
セレブ感どこいった!?

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

フォカッチャ登場

こちら、フォカッチャでございます
おっ!助手!!パンが出てきたよ!!
…フォカッチャね
わかったぞ、助手!これをさっきのソースにつけて食べるんじゃね!?
台無しだよwww

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

喉が渇いた

しまった、貴重なグァバジュースが残り僅か…
お冷…いや待て、そもそもこういうところでお冷を頼んでいいのか…?
お客様。次の料理は魚でございますが、お飲み物いかがなさいますか?
く、くそ…これはどう考えても白ワインを頼めっていうアレだ…誘導尋問だ…しかし値段が値段…しかも今飲みたいのは普通の水…くっ…いったいどうしたら…
あ、お冷お願いします
!!

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

魚登場、神の一手

img_5174

ふむ…
うーん…

img_5175

どーやって食えばいいんだ…
わからん…
待てよ…ナイフをピック代わりにすれば…
もういいや、手で掴んで食べる!
待て!早まるな!店から追放されるぞ!!
いや…手で食うか…

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

グラスウォーター

君の瞳に乾杯…
乾杯…

チーン☆

私たち、お冷で何やってんだろ…

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

ここは高級レストラン

ふぅ…腹膨れてきたな…
そだね…

img_5182

ん?ちょっと待った、助手!!
何?どしたの?
そのお冷に刺してるそれ、さっきのジュースのストローじゃねぇか!?
うん?再利用したよ?
いやいやいや、なんかマナー的にアウトっぽくねーか!?
そうかな?普通でしょ
おいおい、ここはサイ■リアじゃねーんだぞ…
『かの高級イタリアン』なんでしょ?

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

デザート襲来

img_5191

ずずず、ずずずずずずーーーーーーーっ
所長!アウトーッ!!!
いやだって…スプーンが分厚くて溶けたアイス的なやつ掬えないじゃん
それはまぁそうだが、さすがに啜るのはナシでしょう
じゃあ…舐める?
ダメだコイツ…早くなんとかしないと…

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

……からのサプライズ

img_5194

デザートプレートでございます。
所長様からのサプライズで、お預かりしたメッセージを入れさせていただきました

※ チョコレートで描かれてます

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

全てを終えて

いやー、しかし良い経験になったなー
そだねー
こんな世界もあるんだなー
そだねー
知識・技量ともに完敗だったなー
そだねー
庶民としてはなかなか健闘した方じゃないかなー
そ…うだったか?
そうさ!
…そうか!

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

目標

つ、次行った時はドンぺリで乾杯できるように頑張ります
無理すんな…
さしあたっては…
???
サイ■リアでマナーの練習な!
そだね!

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

完。。。もしくは、ドンぺリ編に続く!

日本刀レジン、ここまでの経緯

遂に…遂に出来たぞ!!

ここまでのあらすじ

そもそも何故レジンで日本刀を作ろうと思ったか、というハナシですが、思いついたのは確か、棒モールドを試していた時だったと思います。

本当に最初は、千歳飴みたいな姿でした。
そこから1人で玩具の刀で型を取ってみたり、レジン棒を削ってみたり、試行錯誤した結果…

見にくいですが、一応それっぽい形になりました。
しかし、正直なところ、私はそれ以上どうするべきか、悩んでいました。
そんな、ある時。

どうやって作った!?
助手
ナイショ。言ったら所長に捨てられるかもしれないもん
よろしい、ならば合作だ!

こうして基礎ができたのですが、ひとつ問題がありました。

それは「ネーミングセンス」。
欠けているピースを求めて、私は心当たりのある友人(霞夜小唄)に連絡を取りました。

彼女は昔から本を読みながら登下校するほど本が好きで、中学時代、助手と2vs1で口論しても刃が立たないほど語彙力が豊富な変態で、一部では黒魔術が使えるのではないかと噂される程でした。

小唄さんは予想通り、言語優位者で、我々に死角はなくなったのでした。

そんなこんなで現在(2016/03/27)に至ります。

androidアプリ「ワンダーハンドメイド」をリリースしました

ただいま戻りました

所長
お久しぶりです!

しばらくtwitterメインで活動していたので、ブログは本当に久しぶりです。
え?しばらく見ないうちに随分ボロボロになったじゃないかって?

えぇ、まぁ、なんやかんやあって、現在リハビリ中の身でしてね。
助手には心配かけっぱなしです。ホントに。

ワンダーハンドメイド概要

はてさて、本題に入りましょう。
今回、Google Playにて公開しましたandroidアプリ「ワンダーハンドメイド」。
こちらはハンドメイド作家さんのネタ切れやマンネリ化を解消すべく作られたアプリです。

具体的にどういうものかと申しますと、画面やや上にあるボタンをポチッと押してやると「テーマ」「モチーフ」「ヒント」の三種類がランダムで表示される、というたったひとつのシンプルなアプリです。

もうあとは出力結果に沿った作品を作るだけ!
ね?簡単でしょ?

2016-03-12 01.03.54

上の画像の場合は、魚をモチーフにして「透き通った雷」を表現すればいいわけです。
…ピンバイスを右に寄せながら。

助手
ヒント余計じゃない!?

リリース時の組み合わせは45,707,200通り。
内容は今後も増やしていく予定でいます。

【ダウンロード先】
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.wonderhandmade

iPhoneへの対応

開いて、ボタンを押すだけ。
下手すると、人間でなくても使えそうなほど簡単なアプリですが、落とし穴もあります。

ズヴァリ、『審査』です。

例によって、リンゴ社からは「内容が薄いので却下」とのお言葉をいただいておりますので、対応はandroidデバイスのみとなります。

まぁ、思いついてから2日で組み上げたアプリですから、しゃーないですね。
もうアイフォーン使いません。
(※本原稿はアップル社のiPhone内アプリにて執筆されております)

制作の背景

そもそもなんでこんなもの作ったのってハナシですけれども。
おかげさまでtwitterのフォロワー数も400人を超えたわけなんですが、タイムラインをつらつらと拝見していると、素敵な作品群に混ざって

「作風どおしよおおおお」
「何を作ったらいいのかわからないいいいいい」
「スランプだあああああああ」

とかいった感じのツイートがあるわけですよ。
それを見て、うーん、何とかしようと…

…と思ってできたのが
この変なアプリと。
…ワンダーハンドメイドなっ

レーティングについて

名称未設定 3

ねぇ、ストアに「性描写」って
書いてあるんだけど?

そうそう、忘れちゃいけないレーティング(年齢などの規制)のお話。
実はこのアプリ、対象年齢12歳以上(性描写アリ)となってます。
難しいところなんですけどね、ランダム要素の組み合わせによっては

「激しい夜」

だとか

「愛に満ちあふれた遊び」

だとか、になってしまう可能性があるんです。あっふん。
それはほんの僅かな確率ですけれども、テキスト上で性描写(または暴力表現)と思われてしまう可能性がある以上は対策しないといけませんよね、という意味合いでレーティングを設定してますので、別にボタンを押しただけで(男と女が木陰でyeah)みたいな直接的な表現を含むテキストがポン!と現れたりすることはございません。
『性描写=エロ』を期待してインストールしていただいた方には大変申し訳ないですがっ!

お問い合わせは所長まで

そんなこんなで世界待望のハンドメイド作家御用達(予定)のアプリですが、実際使っていただいて何か不具合・不都合・ご意見・ご感想等ありましたら所長まで遠慮なくお知らせください。

よろしくお願いします!

電動歯ブラシによるレジン研磨

お久しぶりです。
目下Twitterで活躍中の所長(@WD_Laboratory)でございます。

Twitterではかなり地味ぃに活動していたのですが、ある時、寝ても醒めても仕事へ行ってもTwitterからの通知でスマホの震えが止まらない事態に陥りまして、震える度に仕事で何かやらかしたんじゃないかと、私も一緒になって震えておりました。

発端となったのはこちらの、ハンドメイドらぼさんの円柱モールドを試した際のツイート。

これを見たハンドメイドらぼさんがリツイートすることで、着火。
んで、火がついた先がこちら。

…おっと、鶏の丸焼きの際どい写真と間違えてしまった!

こちら。
この、少し前につぶやいたものが、あれよあれよという間にリツイートされて通知ラッシュという次第でして。
(※個人の感想です)

…でも、ちょっと待っていただきたい。
このつぶやきだけを見て、前後の流れを見てない方は――

「ははーん、要は電動歯ブラシで磨けばええのんね」

――と思っちゃったりするかもしれないが、現実はそんなに甘くなぁいッ。
インデアンウソつかなーいッ。

…はい。
私が使ったのは電動歯ブラシを魔改造したものであって、それは通常の電動歯ブラシではないのです。

でも、どうか安心を。
私は今日もパンツを2枚履いてますし、今夜も靴下を履いたままぐっすり寝るつもりですけれども、そんな誤解は本日限りでサヨナラバイビー。
Say, “バイビー!” …Thank you!

そもそも何故電動歯ブラシを使うに至ったか、というハナシですが、答えは至って簡単。
たったひとつの単純(シンプル)な答え=面倒くさがりで不器用な私では、手磨きがうまくできなかったから、です。成敗!

一番右のやつが電動アシスト前のもの。
よくご覧ください。
ほら、もう、なんというか全然透明じゃないし、ぱっとしない感じ。鉛筆に例えるなら…「F」的な?

ちなみに磨きの工程ですが、ダイヤモンドヤスリで大まかに整形した後、耐水ペーパーの400-800-1000-1500-2000とラプロスの6000-8000を経て、タミヤコンパウンドの粗目、細目、仕上げ目で磨きました。

これだけやって報われないのはおそらく私の作業が雑なのだろうと考え、私のような手先が不器用でガサツな素人でも手軽にできる研磨方法を模索しようと思い立ったわけです。めでたし、めでたし、いとをかし。

…ま、助手に頼めば一発でやってのけるんでしょうけれども、それじゃあなんだか悔しいじゃあないですか。

ヒントはぶんぶん丸

私、本業は農業なもので、交流会なんかへ行くといろんな話が聞けたりするのです。
レジンを研磨するにあたっていろいろ調べ、リューターやらポリッシャーやらの存在を知ったわけなんですが、まぁ、ちと高いですよね。
投資と割り切ればそれまでですけど。
そこでリューターの構造を見て、思い出したのが、トマト農家さんの言葉。

このぶんぶん丸ってのはトマトに振動を与えて、トマトの受粉の促進を図る装置なんだが、普通に買うと1万円もするんだ。やってられないだろ?この、スイッチを入れるとブルブル震えるだけの、オトナの(☆アッハーン☆)みたいな装置が1万円だぞ?だから俺は電動歯ブラシを改造して、自作したんだ。これなら1000円もかからんよ。

もう2年以上前に聞いた言葉。
気になったセリフは長期間記憶できるのが、聴覚優位の素晴らしいところ。
これは応用できるかもと思い、駆け込んだ先は近所の薬局。

早速開封し、改造開始。

ところが…

案の定、所長の不器用スキル(パッシブ)が発動。
そのまま「結果さえ得られれば手段は選ばん!」などと名言を残し迷走。

この、変わり果てた姿となった試作品2号でコンパウンド研磨をやり直してみると。

なんと意外や意外、見事透明に!
ふはははは!勝てば良かろうなのだ!

…とまぁ、こんな流れで電動歯ブラシ研磨が成功したのでした。
おそらくもっとスマートなやり方はあるのだろうけれども、私には皆目見当がつかないので、工夫できる方は各々やっていけばよろしいかと思います。
面倒くさがりに始まり、面倒くさがりで終わる、安定のワンダークオリティ。

ひとまず、レジン研磨における電動歯ブラシの使い方のご紹介でした。ちゃんちゃん。

婚約しました

この度、私こと所長は、助手と婚約致しましたことをここにご報告致します。
7月からは夫婦として、引き続き当ブログを運用予定ですのでよろしくお願い致します。

両親挨拶前に緊張で2度嘔吐したことは、どうかご内密に!

所長